採用情報

INTERVIEWS社員インタビュー

グロッサリーギフト販売部・主任 北村真央

入社して現在の仕事に携わってどうですか?

食品に関する知識がほとんどない全くの素人のレベルでした。スーパーで買い物をする際にも値段と製造メーカーだけで商品を選んでいましたが、自身で商品の開発をしたりお客様の規格書を作るうちに、自然と商品の裏面を眺めるようになったり、製造工場情報を調べるようになったり。
これはほんの一例ですが、食品を売る以上は相応の知識を持っていなければいけないという気概が自然と身についたと思います。

関西で博多の味をどのように伝えてますか?

自分が博多育ちであるため、幼少から自分が食べてきたもの、食べてきた文化を着飾らず紹介しています。
今でこそインターネットが普及し、東西での食文化も均一化されつつあるのかもしれませんが、やはり本当に美味しい料理の本当に美味しい食べ方は本場の人間が直接伝えていくべきだと思います。水たきの食べ方や入れる食材の一つ一つにしてもまだまだ関西では知られていないのだなぁ、と思いながら楽しく紹介をさせて頂いてます。

今後、チャレンジしてみたいこと(目標)はありますか?

現在私が在籍をしている部署の商品は基本的には国内流通向けであるため、今後は海外のお客様にも手に取っていただけるよう今までにない販路を開拓していきたいと考えております。我々のミッションが「世界に“うまか”を届ける。」であるように、現実に地球の裏側でお鍋を囲って食べてくれている人がいたら、と想像すると楽しいですよね。
将来的には外国語表記の華味鳥鍋スープやカレーが製造されている予定です。

グロッサリーギフト販売部

華味鳥を使って、新商品やギフト商品を開発し販売する部署です。また、華味鳥というブランドをアピールする部署でもあります。
「博多華味鳥」の鍋スープをはじめ、こだわりのぽん酢やカレーなど、毎日の食卓を彩る素材を吟味した商品を提供しています。
毎日の食生活に「博多華味鳥」の商品がとけこめるように日々邁進しています。