採用情報

INTERVIEWS社員インタビュー

冷食販売部・係長 若松宏枝

入社してどんな経緯で現在の仕事をしていますか?

新卒で入社して約5ヶ月間の研修後、冷食販売部に配属。
2年間は担当を持たずに、上司のお客様へ同行営業がメインでした。その後、お客様を引き継ぎ、九州を中心として関西、関東へ出張しながら営業を行い、10年目で大阪支店へ異動し引き続き営業をしています。

飲食店やホテルのお客様へ華味鳥または鶏肉を使用した加工品の案内を行なったり、お客様が希望とする商品を開発しています。

華味鳥の海外輸出について教えてください

約8年前から香港へ華味鳥を輸出しています。
4年前に初めて香港へ出張に行き、展示会にて華味鳥のPR をしてきました。香港の外食のお店で華味鳥が使用されているメニューを見て、非常に嬉しかったです。鶏肉を輸出できる国は限られていますので、まずは香港へ華味鳥の輸出量を増やしていけるように新しい取り組みを行っています。
コロナの影響で海外へ出張に行けない状況ではありますが、海外旅行に行けない分日本の商品をほしいというお問い合わせが増えており出荷数も伸びています。

今後、チャレンジしてみたいこと(目標)はありますか?

まだまだ海外に対しての販売が出来ていないので、力を入れて行きたいです。

冷食販売部

原料(素材)の特性を生かし、加工製品(冷凍食品・冷凍食肉・そうざい半製品など)のプロデュースや、華味鳥素材を使ったメニュー提案及び商品開発・企画販売などを行う部署です。
市場環境やお客様ニーズは常に変化しています。生産拠点と連携し、ニーズにピタリと合わせた商品を企画販売するために、上下関係なくアイデアや企画をぶつけ合えるフラットな環境も特徴です。
素材の良さを最大限に引き出すには何が必要か?華味鳥ブランドをどう認知させるか?を常にみんなで考えています。