華味鳥とは

九州産銘柄鶏「華味鳥」とは

華味鳥の誕生

創業者である河津善陽が鶏肉販売を始め、美味しさの秘訣は、原点である鶏自身である事に気付き、創業者自ら養鶏に携わり現在の「華味鳥(はなみどり)」が生まれました。澄んだ空気が満ち、たっぷりと陽光が降り注ぐ開放鶏舎で、海藻やハーブ、ぶどうの絞り粕や木酢液などと共に、腸内環境を整える飼料を与え健康的に育てています。

 

大事に育てているからこそ、自信あり。

肉の色がみずみずしく、もも肉は華やかなピンク色である事から「華味鳥」と名付けられました。また、鶏肉特有の臭みが抑えられ、はっきりとした旨みと歯ごたえがあり、自信をもってお勧めできる味です。

→華味鳥の詳しい飼育環境について

華やかなピンク色

華味鳥専用飼料

大切に育てています

陽光降り注ぐ開放鶏舎

華味鳥レッド90について

華味鳥レッド90(通称/華味鳥 赤どり)とは、赤鳥を華味鳥レッド90専用の飼料(広葉樹の樹液やヨモギ粉末等を配合した)を用いて長期間飼育した鶏のことです。赤鳥飼育の専門農家さんによって大切に育てられ、しっかりとした肉質と旨味を蓄えています。

ページのトップへ