新着情報

博多華味鳥杯/九州プロレス1DAYタッグトーナメント《筋肉せいもん払い》レポート

2015.12.07

ニュース

博多といえば、華味鳥と、ぶらぶらと、めんたい?!

12月6日(日)天神にある西鉄ホールにて、九州プロレスの1DAYタッグトーナメントが行われました。会場にはお子様連れの家族から、友達同士や女性同士で見に来ている方などさまざま。会場も満員で札止め状態だったようです。試合はトーナメント方式で行われ、優勝するためには3回も試合を行わなければならないタッグも。

そんな過酷な戦いを勝ち抜いたタッグへ贈られるのは、華味鳥のカレー1年分!カレーをかけて(?)闘う選手の声が会場でも紹介されていました。ザ・グラバー&キシャーン「スポンサーは博多華味鳥か。九州の愚民どもにグラバーカレーの雨を降らせよう!」玄海&阿蘇山「俺たちが優勝したら、会場のお客さんにカレーを配る。」など。

試合は最初から最後まで白熱しつつも楽しく盛り上がる内容でした。がばいじいちゃんの高速な動きに笑い、鍛えられた筑前りょうたの肉体、日田丸の蹴り、めんたい☆キッドの3次元の動きに目を奪われている間に、あっという間にファイナルへ。

耐える、耐える! ばってん×ぶらぶら

容赦ない攻めの数々

観客の目の前でバチーン!

うわ〜!大丈夫か、ぶらぶら!

すごい勢いで叩きつけられ…

ファイナルに進んだめんたい☆キッドと、ばってん×ぶらぶらは、同じ大学の先輩後輩の間柄だそうです。試合内容は後輩のばってんが捕まることが多いのですが、玄海&阿蘇山の厳しい攻めにも耐えて頑張る姿に、会場はいつしか「ばってん!ばってん!」の大コールが。さらに耐えた末の反撃に会場はヒートアップ。最後は先輩めんたい☆キッドが決めて見事優勝!

最後の〆のマイクでは、今の自分があるのはプロレスのおかげと、涙ながらにプロレスへの熱い想いを語るばってん×ぶらぶら。その姿にこちらまで胸がじ〜んとなり、やっぱりプロレスっておもしろいなと実感した一日でした。


九州プロレスは試合だけではなく、グループホームやデイケアなどの高齢者施設をはじめ、幼保園、児童養護施設、障がい者施設への訪問活動を続けられています。《九州ば元気にするバイ!》をコンセプトに頑張る九州プロレスさんを、弊社はこれからも応援していきます。

「合体技いくぞ!」