採用情報

Interview:山本先輩

配転経歴

入社当時は第二事業部でした…
研修初日の前職実績のヒアリング後、第三でしょ!という流れで第三事業部に配属になりました(笑)
第三事業部の大阪出先機関として、現在まで関西にいます。

 

入社してどんな経緯で現在の仕事をしていますか?

会社が博多華味鳥心斎橋、梅田店などを出店しはじめた時期に、関西地区を開拓する要員として入社しましたが、中途採用だったので、前職からの得意先を回りながら、ほぼ新規開拓に明け暮れてました。
生協、通販系の企業を主に回っていたと思います。
とにかく提案につぐ提案で、華味鳥以外の他社商品、業務用商品、なんでも案内しました。自社製品やプライベートブランド商品の開発など、チャンスに貪欲でしたね。
入社5年目で主任に、その2年後に係長職についてます。

 

博多の味を関西で伝えることについて、楽しい点・難しい点を教えてください。

関西に博多華味鳥が進出し始めた頃で、店舗もあったので商談はうまく運べました。でも、博多の水炊きの食文化があまり浸透しておらず、よく、水たきスープって「水売ってるの?そんなんいらんわ」と邪険に扱われましたが、食べて頂くと、「何これ!?美味いや~ん!」っていう感じでファンになってもらえました。
やはり本当に美味しい物に出会った時、人が感動している表情を間近で見れるのは、昔も今も嬉しいですし、そういう、ほんまもんを扱える商売はやってて楽しいです。

 

今後、チャレンジしたいこと(目標)はありますか?

華味鳥の名前は知られるようになってきましたが、まだまだ博多の食文化が関西に根付くまでには至ってないので、1人でも多くの方に博多華味鳥の水たきを知って頂きたいですし、加工品だけでなく、精肉の華味鳥の売場も広げたいと思ってます。

個人的には肉体も精神も、もっと健康に過ごせるようになりたいです。
家族と毎年夏に旅行してますが、好奇心の赴くまま知らない土地(国内・海外)に行って、そこでの美味しいお酒・食べ物を堪能して、たくさんの感動と出会いたいです。

 

ページのトップへ