農業と環境への取り組み

そして豊かな海づくりへ

近年、日本の海が以前に比べ貧しくなっていると言われています。 これは本来であれば森や土から流れこむはずの栄養が、河川の整備や環境の変化などによって海まで届きにくくなったことで、海藻や藻の生育に不可欠な栄養が減り、連鎖的に魚の数も減ってきたそうです。(※諸説あり)
豊かな土づくりのために活動していた我々は、華燦々や華煌らSが、豊かな海づくりにも使えるのではないかと考え、海の栄養である「MOFU-DX」と、海の環境を整える「IBA-DX」を開発し、設置展開するプロジェクトを始動いたしました。

土づくりのノウハウで海藻が茂る磯辺へ。

閉鎖水域などでの二枚貝の養殖に効果が期待。

ページのトップへ