華味鳥について

華味鳥の飼育について

平飼いで開口部の多い鶏舎で育てています

華味鳥は、佐賀県を中心とした、豊かな自然が残る九州北部の養鶏場で育てられています。華味鳥の鶏舎を私たちは【開放鶏舎】と呼んでいます。平飼いで開口部の多い昔ながらの鶏舎です。

華味鳥は、地面を走り回って、たっぷりの自然の陽光と爽やかな澄んだ風をいっぱいに受けて元気に育つから健康そのもの。 人も鶏も自然な環境で育つからこそ、丈夫で健康に成長できるのです。もちろん、【開放鶏舎】を採用する分、鶏舎の管理には、より一層気を遣っています。天気や鶏舎内の状態に応じてこまめに窓の開閉、日除けなどの作業を行って、鶏にとって快適な状態の維持に努めています。
また、鶏舎の外側と内側に金網を、またその金網にカーテンを付ける事により、外部からの侵入可能性がある要因に対してのより万全な対策を行っております。

鶏舎内の清潔な空間の維持管理

新鶏舎では、二重構造の空間を有効活用し、噴霧器を設置。その空間に細霧(ミスト)を放出し、空間温度を下げた後、冷たい空気を陰圧方式(鶏舎内の空気を 換気扇で吸い出す換気方式)により鶏舎内へ引き込み、鶏舎内の温度を下げる手法をとっております。これにより、鶏舎内へ直接、細霧を放出する手法より清潔な空間が保て、より良い環境での飼育を実現しております。
また、トラック等が養鶏場へ出入りするときには必ず消毒のプールを通ることになっているなど、衛生管理も厳重です。作業やお客様の案内で養鶏場へ入るとき は、社員でも事前に予約して許可を得ないと入場できません。健康で安全な鶏を育てるためには、時間と手間ひまを惜しみません。