知る・楽しむ

レポート:小学生体験教室「にわとりまるごとラーメン作り」

8月1日(月)料理を通じて食の大切さ等を学ぶチャイルドキッチンにて華味鳥を一羽丸ごと使ったラーメン作り教室が開催されました。当日は親子15組、総勢30名の方が参加されました。鶏のカット、一体どうやってするんだろう、そんなわくわく・どきどきとした雰囲気が伝わってきました。

華味鳥を丸ごとカット!

講師の加藤克実先生

鶏のさばき方を指導してくださる加藤克実先生。元々中華の料理人で鶏、華味鳥の知識もピカイチです。華味鳥がどうやって育てられているか紹介の後、早速解体のレクチャーに入ります。

 解体の説明が始まると初めてみる丸鶏に参加者の皆さん興味津々。お店で普段見かける鶏肉がどのようにカットされているか説明をしていきます。

レクチャーの後、早速カットにチャレンジです!親御さんと一緒にワンステップずつ皆でカットしていきます。徐々に進めていくと、お店で見かける「手羽先」や「ささみ」などなじみのあるお肉の形が出来上がってきました。「ささみやむね肉がこういう風についているの初めて知りました。」と鶏についても理解が深められた様子です。

麺作りにチャレンジ!

6等分にカット

伸ばして伸ばして

麺が出てきました

茹でたら完成間近です

華味鳥をカットしてラーメン用、唐揚げ用、サラダ用に切り分けたら、お次はラーメンの麺作りに挑戦です。生地を足で踏み伸ばして6等分にカット。専用のパスタマシーンで少しずつ少しずつ伸ばしていきます。どんどん伸びていく生地を1玉1玉麺に分けていくとあちこちから「でてきたー」っと声が上がります。いよいよ完成間近です!!

ついにラーメンの完成です!初めての鶏のカット、そして麺から作ってできたラーメン。一生懸命頑張った甲斐もあり、皆さん「美味しい、美味しい」と食べていらっしゃいました。雛鳥サイズの華味鳥をカットしていきましたが、できるお肉の量は2~3人前とボリュームがあります。しかしながら自分の手で料理をする、ということを通して食の大切さを感じていただけたのか残さず頑張って完食されるご家族の方もいらっしゃいました。

 鶏をさばく、という中々出来ない体験。鶏だけでなく、多くの食材が命とたくさんの人のてまひまで出来上がっているということ感じていただけスタッフも嬉しく思います。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

ページのトップへ